banner

このような記事の書き方は否認となります。せっかく時間をかけて書いたのに、否認になってはもったいない!
基本的には「条件に当てはまった、きちんとした日本語で、自分の文章で書く」を心がけてください。

記事作成の悪い例

キーワード:化粧水

私は化粧水を使っています。化粧水はよいです。毎日化粧水を使っています。
化粧水は使ったほうがよいです お得な化粧水も沢山あります。

どこが悪い?

文章が短く、日本語として不自然。無理やりキーワードを詰め込んでいる

キーワード:化粧水

化粧水を使うことで、世界が平和になります。女性が綺麗になって、沢山の男性と結婚し、子どもも沢山
生まれます。だから化粧水を使うことはよいことなのです。

どこが悪い?

非現実的な文章。

キーワード:化粧水

私の使っている化粧水の紹介です♪いつも使っているのは、保湿効果の高い化粧水です(*´∀`*)
年齢と共に、冬だけに限らず、夏でも冷房の影響で乾燥してしまいがちです!!

どこが悪い?

音符♪や、顔文字、びっくりマークの使用

キーワード:化粧水

私が使っている化粧水は○○会社の化粧水です。この化粧水は、保湿効果に優れているのに、値段も手ごろで
非常におすすめです。

どこが悪い?

固有名詞が入っている。特定商品の紹介になっている。

キーワード:化粧水

私は毎日化粧水を欠かさず使うようにしています。しかしそれでも乾燥してしまうことがあります。
しかし良い化粧水は値段が高いので、なかなか手を出すことが出来ません。
しかし良い化粧水を使ったほうが良いことも分かっています。

どこが悪い?

同じ接続詞の乱用。(今回の場合は「しかし」)日本語として不自然

キーワード:化粧水

化粧水(けしょうすい)とは、皮膚を保湿し、整え、滑らかにする機能を持つ透明液状を呈した化粧品である。
ローション、トナー、トニック等と呼ばれることもある。例外的な使用法とし て、
ファンデーションや白粉に加え、粘度の調整やつけやすくする目的で用いることもある。

どこが悪い?

他サイトからの引用・コピペ(上記文章はwikipediaより引用)

キーワード:化粧水

最近では化粧水はスーパーマーケットなど、手軽な場所でも良いものが購入できるようになりました。
スーパーマーケットで買えるとなると非常に便利です。スーパーでは日用品や、食品、雑貨など何でも
売っているので、まとめて買うことが出来ます

どこが悪い?

キーワードについての記事ではない(スーパーについての記事になっている)

記事作成に挑戦する
Banner_footer3 Banner_footer2